二つのトレンド

いろいろなインターフェース

スマートフォンの所有率が世帯ベースで50%を超え、インターネットアクセスの主流となりはじめたことから、そのアプリ開発も盛んに行われるようになっています。
この開発は大きく分けて二つのトレンドがあります。
ひとつは企業が自社の商品やサービスを提供するために開発を依頼してくるもので、もうひとつはアプリ自身によってマネタイズしていく独自開発系のものとなります。
いずれも非常に需要は多く、毎月沢山の新しいアプリがマーケットに投入されるようになっているのです。
この流れは今後さらに加速されることが予想され、いまやネットへのアクセスはパソコンからこうしたモバイルデバイスへと確実に移行している状況となっているのです。

こうした市場におけるスマホのアプリ開発の需要の高まりを受けて、IT業界もこの領域に力を入れるところが非常に増えています。
iPhoneでいえばObjecrive-CやSwift、AndroidではJavaに精通するエンジニアが引っ張りだこであり、さらに単純にプログラミングに詳しいだけではなく使いやすさ、つまりユーザビリティの高いアプリを開発できる技術者が高く評価されもてはやされる状況となっているのです。
これは数年前のITの世界では考えられなかったような新たなビジネス領域ということができ、多くの企業が参入するようになっていますが、潜在的に技術者の数が不足する状況となっており、レベルの高い技術者は取り合いの状況が続いています。

このような状況で、スマホのアプリも実に多彩なものが投入されるようになっています。
たとえば金融の世界では株やFXの売買が簡単に行えるようなアプリが数多く導入されるようになっており、顧客対応レベルの向上のためにこうしたアプリが無償で提供されるようになっています。
また爆発的にボリュームが増えているのがゲームアプリであり、様々なものが投入されています。
さらに地図の検索や万歩計、音楽や映像などのエンターテイメント系のアプリなども多く投入されるようになっており、あらゆる分野のサービスがアプリとして開発される時代になっているのです。
それだけに出来の良し悪しといったものも厳しく評価されるようになってきているのがスマホアプリ開発の現状なのです。

オススメリンク

ニーズに対応できるかがポイント

アプリ開発と言ったらたくさんの知識が必要になって作りたくても作れないという方が日本のユーザーの中ではたくさんい…Read more
マウス

専門知識がなくても作れる

最近では、スマートフォンという携帯型小型端末が普及しているためにスマートフォンを使ったビジネスが多く存在します…Read more

個人で会社を立ち上げることも

これからはスマートフォンを利用する人が多くなり、アプリケーションのダウンロード回数も増えていくかもしれませんが…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー