Funeral

自由な葬儀

自由な葬儀にしたいなら

Woman

東大阪にはたくさんの葬儀社が存在していますが、中には、かなり柔軟な対応をしてくれる業者も存在しています。これまでは、信仰心とは全く無関係に、とりあえず仏式の葬式を営んでおくという方法を選択する人が大半でした。昔の日本には檀家制度があったため、仏式の葬儀が執り行われるケースがとても多くなっています。キリスト教式の葬式に参列した経験が1度もないという人は案外たくさんいますが、仏式の葬式に参列した経験を1度も持っていないという人はまずいません。なので、とりあえず仏式の葬儀を営むようにしておけば、体裁を整えることができます。でも、現実的なことを考えると、熱心な仏教徒はそう多くありません。東大阪に住んでいる人の中にも、特定の宗教を信仰していない人がたくさんいます。最近は、個性を重視する人が多くなったため、葬儀も自分らしいものにしたいと希望する人が増えてきました。東大阪には、そのような希望に柔軟に対応してくれる葬儀社が存在していますので、興味がある人は相談してみるとよいです。東大阪には、生前相談を行っている業者もいます。

自由葬を営むためには

生きている間、仏壇に向かって手を合わせたことなど1度もなかったのに、死んだ時だけは戒名を付けられてお経であの世に送られるハメになることに対し、強い違和感を覚える人がたくさんいます。しかし、宗教色が全くない無宗教の葬儀を営むことは、実はとても難しいことなのです。昔からよく行われてきた仏式の葬儀であれば、細かな儀式の進行手順などが全部決まっていますので、業者にとっては手馴れたものです。でも、無宗教の葬儀には、マニュアルのようなものが一切ありません。しかも、宗教儀式を何も行わないとメリハリのないお葬式になってしまう可能性があります。最近は、故人が好きだった音楽で見送る音楽葬を希望する人が増えてきましたが、参列者や遺族が満足できる形の音楽葬にするためには、それなりのノウハウが必要になります。そのため、数多くの自由葬を執り行った実績を持つ葬儀社に、人気が集中する傾向が見られています。