Funeral

新しい葬儀プラン

新しい形式の葬儀について

Woman

東大阪で営業している葬儀業者の中には、新しい形式の葬儀プランメニューを積極的に取り入れている業者が存在しています。近年になって登場してくるようになった新しい形式の葬儀には、家族葬、一日葬、火葬式などがあります。家族葬というのは、家族を中心にしてこじんまりとした規模で営む葬儀のことです。密葬と家族葬を混同してしまっている人が少なくありませんが、密葬の場合は故人の死を外部の人に一切知らせないのに対し、家族葬の場合は、ごく親しい友人や知人、近い親戚などには故人の死を伝えるという点が大きな違いになります。家族葬という形式を選べば儀礼的な弔問客をお断りすることができるようになるため、余計な気遣いをする必要がなくなります。一方、一日葬というのは、通夜を行わずに告別式と火葬のみを行う方法です。また、火葬式の場合は、通夜も告別式も行わず、火葬のみで故人を見送るという方法です。東大阪には、それらのプランを用意している業者がいますので、探してみることをおすすめします。

家族葬を営みたい場合には

先程、東大阪には、家族葬や一日葬などの葬儀プランを取り扱っている業者がいると書きましたが、東大阪で営業している全ての業者がそれらのプランを取り扱っているわけではありませんので、注意する必要があります。今は、ほとんどの人が最後の時を病院のベッドの上で迎えます。それが良いことなのか悪いことなのかについては、この際横に置いておきますが、死後故人の遺体を自宅へ搬送しなくてはなりません。病院はそこまで面倒をみてくれませんので、遺族自身が遺体搬送の手配をすることになるわけですが、多くの場合、葬儀業者に頼むことになります。時間的余裕があまりないため、病院から紹介された業者を利用するケースが多いですが、その業者が家族葬プランを取り扱っていない場合は、故人を家族葬で見送ることができなくなってしまいます。ですので、家族葬を行ないたいという希望を持っている場合は、利用する業者を慎重に決める必要があります。